さなみん

石をひとつ投げ込んでみる心のなか

悔い

通勤帰りの電車で座っていたら、高齢の女性が私の前に立った。

孫なのかひ孫なのか、幼稚園くらいの男の子を連れている。

 

私はすこしだけ迷って、席を立った。

そして、彼女と視線を合わせて、くちびるのかたちだけで「どうぞ」と言った。

彼女は、まあ、それはありがとうございます、みたいなことを言って・・・

 

その孫だかひ孫だかの男の子を座らせた。

小さな子供がよくやるように、窓側に向かって膝をついて。

男の子ははしゃぎ、身体を動かしては、両隣の人たちに触れ、押し、あげくに、かつて私の隣だった女性の服に、靴が触れた。

私は「あ」と思い、見るとその女性も顔をしかめて、必死に服を自分側に寄せていた。

 

席を譲ってしまってごめんなさい、という気になった。

私が譲ろうとしたのは、おばあさんのほうで、お孫さん(ひ孫さん)が座るのなら、腰の痛い私が座っていたほうが良かった、と思った。

広告を非表示にする