さなみん

石をひとつ投げ込んでみる心のなか

銀河系

週明け、私を乗せた宇宙船は、それまで日常を置いていた惑星を離れ、別の銀河系へと旅立つ。

わずかな光明を求めて、一気に闇を駆ける。

しかし、大抵は、光明など見えぬうちに、やむなく帰星する。

それでも、わずかであれ、こうして気持ちだけでも、逃がすことで、私は精神の均衡を保っている。

 

私は、置き去りにした日常、まもなく戻らざるをえない惑星を、霞み見ながら思う。

あれもこれも、みな別の銀河系のできごとなのだ。

私とは、言葉も心も通じぬ生物が棲んでいるのだ。

その暮らしぶりも、欲しても叶いそうにない願いも、銀河系が違うから、しかたのないことなのだ。

だから、よその銀河系の暮らしと、自分を比べて嘆いても意味がない。

嫉妬や羨望などバカバカしいことだ。

 

私には、帰らなくてはならない星はあるけれど、帰りたい星はない。

私が私として、嫉妬も諦観も演技もなく生きられる、私の銀河系は、どこにあるのだろう。

広告を非表示にする