さなみん

石をひとつ投げ込んでみる心のなか

蟹を産む

大量の蟹を「産んでいる」夢を見た。

小さな沢ガニみたいなのもあれば、郷里の名産のずわい蟹もある。

そして、彼らはみな生きていなかった。

産むというより、排泄であったのかもしれない。

この夢の深層分析は必要ない。

 

f:id:sanaming009:20140628071046j:plain

青が群青になり、やがて墨色になるように、すべての時間と空間には、明確な線はない。

朧で曖昧で境を持たぬ世界を、私は一方で受け容れ、他方で拒んでいる。

 

どこが優勝するにしても、今年のワールドカップを、私はけして忘れないだろう。

多くの人を惜しみ、同時に拒んでは、別れを繰り返した年の。

 

蟹を産めるとしたら、それは食べるためなのか。

食べて生き抜くためなのか。

それとも。

自分が産んだ蟹は、食物としての価値を持たず、ただ愛すべき対象のみなのか。

夢の中では、どんな感情も湧いてはこなかった。

それは、私には、未だ知らぬ感情がいくつもあるということ。

たくさんたくさんあるということ。

広告を非表示にする