さなみん

石をひとつ投げ込んでみる心のなか

ポスト

f:id:sanaming009:20140628130935j:plain

ブラジルとチリのPK戦が決すると、もう4時に近かった。

梅雨空のせいで、太陽の明確な気配はないけれど、心なしか明るくなってきていて、

久しぶりに朝まで起きていたなと実感した。

 

別にチリのファンでもサポーターでもないが、PKで最後のキッカーが外したことがなんとなく尾を引いていた。

後何センチの差だったのか、ボールはポストにはじかれて枠の外へ飛んだ。

ほんの数センチが、ときに数ミリが勝敗を分ける。

 

こんな数センチが、私にもあったかもしれないと思った。

それも、外したことも、ポストに当たったことすら気づいていないことが。

そして、それが何だったのか、気づかないままで、生を終えるのだろう。

 

失敗した、と自覚し、悔しさに泣くことは、幸せなのか、そうでないのか。

 

突然思い立って、お風呂に湯を張って、朝湯の贅沢を楽しんだ。

髪を乾かしていたら、次の試合時間になった。

完全に夜は果てに至り、そこからまた次の闇に繋がる明るみが始まっている。

いい具合にセットできた髪を、次の実況を枕に横たえた。

広告を非表示にする