さなみん

石をひとつ投げ込んでみる心のなか

夕焼けの国

f:id:sanaming009:20141030164019j:plain

夕陽を観た。

ずいぶんと久しい気がする。

兄の入院、手術の後、ようやく自宅暮らしになったものの、平日の仕事が終わるのが6時、帰宅すると7時半になっているし、休日は実家に行くことが多くなって、日没の頃に外を見る機会はない。

 

今日、夕陽を観たのは、仕事を休んだから。

自宅に戻って半月が経つが、どうにも疲れがとれない。

それでも、染まった空にささくれ立った心が和む。

 

気づかないうちに、また大規模マンションが建築中になっている。

失われて行く地平線。

 

f:id:sanaming009:20141030164731j:plain

ブランコを思い切り漕ぐと、夕焼けの国に行けるんだという話を思い出した。

怖くて試したことはない。

でも。

今なら、試してみたい気がする。

そのときには、履いていたサンダルを片っぽだけ残して行こう。

 

特に、メッセージ代わり、ということもなく。

誰に、ということもなく。

広告を非表示にする