さなみん

石をひとつ投げ込んでみる心のなか

錯覚

f:id:sanaming009:20150228001906j:plain

バスルームにウォールシールを貼った。

カランや鏡のある面と、ドア部分を除いた3面の壁。

湯船に浸かってみると、これまでと違った非日常感が嬉しい。

 

日常に安らぐ、という人も多い。

いつもと同じ、という安心感。

でも、私は。

いつもと違うことに寛ぎを覚える。

 

たとえば。

自宅を、旅先と錯覚するようなしつらえにしたい。

日常を非日常らしくすることで、私は毎夜の安らぎを手に入れることができる。

 

チェーン店は嫌いだ。

知らない町で、知っている看板に出会うとホッとするという人もいるが、私はそうではない。

叶うならば、いつもいつも、見知らぬ町で、違う街並みを眺め、違うベッドで眠りたい。

その非日常こそが、私を休ませる。

そのために、少ない金額でできる錯覚を、私は必死に探し求めている。

広告を非表示にする