さなみん

石をひとつ投げ込んでみる心のなか

他人の話

f:id:sanaming009:20150927154901j:plain

観ているドラマのことはボロクソに言う。

でも、演じている役者の話はしない。

演技力についてならまだしも、私生活には興味がない。

 

友達と会ってしゃべるとき、ブログやSNSに書くとき、「友達の誰誰ちゃんがどうしたこうした」という話はあまり好きじゃない。

特に、自分のことを何ひとつ明かさないでいて、いつも他人様をネタ(この言葉は嫌いだけど)にする人とは、距離を置きたくなる。

 

他人の事情はわからない。

経験していないことを想像するのは限界があるし、その想像の手がかりだって、本人がすべて開示しているわけじゃない。

目に見える行為だけを見て、ああだこうだ言うのは、その人の心を無視した失礼なこと。

まったく通りすがりの人のそれならば、まだしも、多少は知り合いでこれからも縁が続くかもしれない相手のほんの一部のことを、よそでネタにするのは気分が悪い。

あなただって私のこと、なんにもわかってないでしょう?と言いたくなる。

 

ひとさまの別れの理由とか、家族内のあれこれ、たとえそれが浮気や不倫のことであっても、よそさまを非難しているのを見聞きすると、それがあなたに何の不利益が?と思う。

こみいった事情もわからないのに。

それで、親しくしようとしていた人との熱が冷めてしまうこともある。

私が知りたいのは、あなたのことで、あなたの知り合いのことなんてどうでもいいのよ。

自分のことは言えないけど、他人のことは、事情を知らなくても平気で非難できるんだ~ってね。

人を非難するなら、そう思うに至る自分の事情や経験を語ってから言えよ。

それでもって、みんなでああだこうだコメントして盛り上がっていて、気持ち悪い。

 

ちょっとだけ行き来したSNSでの話。 

私は、そこから外れようと思う。

そもそもそこでは「日記」と称しているくせに、日記に他人様のことを書くって何なの?

広告を非表示にする