さなみん

石をひとつ投げ込んでみる心のなか

ふり

旅に出たくても出られない人から見たら、旅日記は憧れ半分、淋しさ半分。

食事がままならぬ人から見たら、ご馳走日記も、羨望半分、嫉妬半分。

ときによって、そのバーが、半分よりこっちに来たりあっちに行ったりする。

純白と漆黒の間に、無数のグレーゾーンがある。

 

スーパーに行くのに、うんと遠回りをしていた日々があった。

最短距離には、保育園があり、ママと遊ぶ子らの歓声が響く公園がある。

私はそこを通らないことで、心を保った。

 

1枚の写真をアップするとき。

ひとつの記事を書き上げるとき。

それができない人のことを想像する。

ごめんね、と思う。

 

f:id:sanaming009:20140703131418j:plain

運動会も夏休みも嫌いだった。

でも、それを言ったことはない。

みんなと同じように楽しみなふりをして、楽しんでいる演技をした。

 

楽しそうな笑顔の奥に、潜んでいるものが気にかかる。

ほんとうは、それは「ふり」なんじゃないかって。

 

お弁当を食べ終った。

壁を隔てた外側で、はしゃぐ子供らの声がする。

耳を塞げ。

手を休めるな。

気づかないふりをして、つむじ風のようなそれらが、過ぎるのを待つ。

広告を非表示にする