さなみん

石をひとつ投げ込んでみる心のなか

サル

f:id:sanaming009:20140705065258j:plain

オフィスのエアコン室外機が嫌な音を立てている。

除湿にすると暑いし、冷房にすると寒い。

冷房温度を28℃にすると暑く、27℃にすると寒い。

どっちつかずの苛立ちを、室外機の音が煽っている。

 

2階の窓からは、向かいにあるハンバーガーショップの2階がよく見える。

ポテトをつまんでいる指の、ショッキングピンクのベストの下から覗いた腕は、黒い袖に覆われている。

暑くないのかな、と思う。

それとも店が寒いのか。

 

ショッキングピンクの上にある頭の部分は、ほぼ金色に近い髪で、ここからだと「おサル」に見える。

猿回しのおサルが、よく派手なちゃんちゃんこを着ているが、あんな感じ。

これがすこしでも見知った人であれば、間違いなく「ヒト」に見えることだろう。

知らない人を「ヒト」と意識して尊重するには、何らかの努力または心がけというものが要るのかもしれない。

 

ポテトをつまんだ指で、金色の髪をかきあげるあの人からは、私はどんな猿に見えているのだろうか。

広告を非表示にする