さなみん

石をひとつ投げ込んでみる心のなか

七夕はいつも雨降り

f:id:sanaming009:20140708065223j:plain

雨が降ると、織姫と彦星は逢えないのか。

雨が降ると、天の川が洪水になるのか。

でも、天の川は水じゃなくて星なんだから、渡れないということはないんじゃないの?

いや、だとすれば、そもそもカササギの橋など要らないことになる。

 

違う、違う、雲の上には、雨は降らないんだ。

だから、天の川はいつもそこにあって、逢おうと思えば、天の恋人たちはいつだって逢えるんだ。

だから、昨日も、ふたりはちゃんと逢引きしたはず。

良かった。

 

七夕は、いつも雨降り、という印象がある。

梅雨時だし。

だから、ことさら、それを残念がった記憶はない。

幼稚園も保育園も行かなかった私には、七夕飾りを作ったことも、短冊に願いごとを記した経験もない。

もし、機会があったとしても、願いごとはたくさんありすぎて、短冊には収まらず、忍法秘伝奥義のごとき巻物になったかもしれない。

 

あれはいったい、誰へのお願いなんだろう?

 

叶えるのは自分。

いつだって自分。

それから、手を貸してくれるありがたき「ニンゲン」。

神さまができるのは、昨日の残り物のカレーを、ちょっと美味しくしてくれるくらいのこと。

マジックソルトのようなもの。

 

でも。

風に揺れる七夕飾りは好きだ。

特に、時期を損ねて置き去りになり、雨に濡れ朽ち果てていくそれに、私は何を重ねて美しいと感じているのだろうか。

広告を非表示にする