さなみん

石をひとつ投げ込んでみる心のなか

寄り道

f:id:sanaming009:20141129130354j:plain

クライアントのところに届け物に行った帰り道、金毘羅宮に出会う。

高層ビルの谷間に、ひっそりと、ではなく堂々と鎮座しているところがいい。

文句あるか的な佇まい。

ここへの参詣が目的ではなく、ついでに、あるいは偶然に寄った人ばかり感がなおいい。

堂々としているのに押し付けがましくない。

 

5円を投じ、余りあるお願いを申し述べた。

文句あるか的に(^_^;)

 

スピリチュアル、とかいう言いようがむず痒い。

パワースポット、とか言われると、行く気が殺がれる。

信仰という言葉からはみだした形容のできないものを、寺社にも、自己にも求め、それが満たされるとき、来て良かったと思う。

広告を非表示にする